山田 崇

トップ>アパート経営>元利均等返済方式

元利均等返済方式

元利均等返済とは、借り入れしたローン返済額が常に一定で、

各回の返済額は、前回返済時点の借入金残高に対する、前回返済時点

から今回返済時点までの利息に元本返済分を加えたものになります。

 

(例)

・借入額 100万円

・返済方法 元利均等返済(1年毎返済の10回払い)

・期間 10年

・金利 3%

 

100万円を金利3%で借りていますから、1年後には

3万円の利息がついて103万円になります。

第1回目の返済が行われると、返済後の借入残高は、元金100万円に

3万円の利息が付いた103万円から返済額(117,231円)を引いた金額になります。

 

100万円×1.03-返済額117,231円=912,769円

 

第2回目の返済では、次のようになります。

 

(100万円×1.03-返済額117,231円)×1.03

(100万円×1.03-返済額117,231円)×1.03-返済額117,231円

 

返済額117,231円の内、利息部分は3万円で残りの87,231円が

元金部分になります。

次回の返済は、返済後の残高である912,769円に対する利息27,383円

が付与されますので、元金部分は89,848円となります。

 

元利均等返済は、返済額は一定ですが、元金と利息部分の内訳が変動します。

その利息部分は、前回返済後の借入金残高に対する利息なので、

均等返済額が一定な分、借入金残高の減少スピードは元金均等返済

に比べて遅くなります。

借入金残高の減少が遅れれば、おのずと支払う利息は増えることになります。

 

元利均等返済は、利息負担が増えますが、返済額が一定なので、

返済計画が立て易いことが利点として挙げられます。

 

 

山田 崇

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近公開のブログ記事

◎お問い合わせ窓口のご案内

  ▼ オーナー様、アパート経営・土地活用のご相談に関するお問い合わせ窓口   ☎ 電話   TEL 052-569-5055 営業時間 8:30 ~ 18:30 定休日 土曜、日曜、祝日

RadIAnce庄内通アイキャッチ画像

【 外観特集 】名古屋市・西区エリア part.1

  街並みの中でも圧倒的な存在感を現しているRIAパートナーズのデザイナーズアパート。 一般的な建物とは一線を画す、他では出会えない洗練されたこだわりの外観デザインは 個性的でありながらも、魅力的な景観を演出し

工事進捗状況 VOL.133

今回は関東の完成した物件です。 さいたま市見沼区の3階建て9室。     縦に茶色のラインを入れたのと 角地に建っているため、かなり目立つ建物です。     1階、2階は3層スキッ

【 外観特集 】名古屋市・中区エリア

  街並みの中でも圧倒的な存在感を現しているRIAパートナーズのデザイナーズアパート。 一般的な建物とは一線を画す、他では出会えない洗練されたこだわりの外観デザインは 個性的でありながらも、魅力的な景観を演出し

工事進捗状況 VOL.132

  今回は岐阜市の物件です。 名鉄名古屋本線の名鉄岐阜駅の徒歩圏です。 木造2階建て、メゾネットタイプ10室です。 全戸、屋根裏ロフトあります。   当社として、岐阜県第1号物件です。