RIAパートナーズ

新築ではじめるアパート経営のRIAパートナーズです。
トップ>アパート経営>変動金利ルールVol.3

変動金利ルールVol.3

前回の続きです。

「変動金利型」住宅ローンの「25%ルール」についてご説明します。

 

 

「25%ルール」とは、ローンの利用者に対して、急激に返済額が上がる

ことにより、返済が苦しくならないように一定の配慮がされたものです。

例えば、毎月の返済額が10万円だった場合で、ずっと金利が上昇傾向に

あったとします。

金利上昇に伴い、返済額を見直して計算上返済額が15万円になったとしたら・・・

家計を圧迫し、苦しい事態が起こります。

 

そこで返済額見直し時に、当初の25%以上は増額しないというルールがある

ことにより、計算上は15万円にしなければならない返済額を12万5千円まで

の上昇で抑えることが出来ます。

このルールのおかげで、ローン利用者は急激に返済負担が増えることはありません。

 

但し、本来15万円まで増額させなければならない返済額を12万5千円で抑える

ことが出来るのは、計算上返済期日を延長させているからです。

繰延している元本部分の返済は最終回にしわ寄せされているのです。

このまま金利が下がることなく(極論ですが)最終返済日を迎えた場合は、理論上

しわ寄せされた元本部分の返済を一括で行わなければならないことになります。

 

こうしたことからメリットだけでは無く、デメリットもあるわけですが、

あくまでも急激な返済額増にならないための救済措置としてあるルールと捉えています。

 

変動金利の2大ルール「金利見直しルール」についてお伝えしました。

 

                  山田 崇

 

 

 

 

 

 

 

最近公開のブログ記事

◎お問い合わせ窓口のご案内

  ▼ オーナー様、アパート経営・土地活用のご相談に関するお問い合わせ窓口   ☎ 電話   TEL 052-569-5055 営業時間 8:30 ~ 18:30 定休日 土曜、日曜、祝日

工事進捗状況 VOL.131

  今回は名古屋市名東区の物件です。 最寄り駅は地下鉄東山線の星ヶ丘駅になります。 この物件は土地の有効活用です。 木造3階建て、5室。 3階はオーナー様が住む予定。 その他、ファミリータイプ2室、単身向け2室

アパート経営までの流れ⑤(上棟)

  アパート経営を始めるまでに、どれくらいの時間がかかり、どのような流れで進めていくのか。 とくに初めて検討される場合は 気になることの一つ ではないでしょうか。 大手ハウスメーカーや建築会社によってもそれぞれ

アパート経営までの流れ④(着工)

  アパート経営を始めるまでに、どれくらいの時間がかかり、どのような流れで進めていくのか。 とくに初めて検討される場合は 気になることの一つ ではないでしょうか。 大手ハウスメーカーや建築会社によってもそれぞれ

工事進捗状況 VOL.130

今回は横浜市港南区の物件です。 横浜市営地下鉄ブルーラインの港南中央駅の徒歩圏です。 木造3階、1K6室です。 3階は屋根裏ロフトあります。   完成イメージはこんな感じです。     &n