RIAパートナーズ

新築ではじめるアパート経営のRIAパートナーズです。

国債Vol.3

 

利率5%の10年物利付国債を100万円で買ったとします。

年間所持していれば、年に5万円の儲けとなります。

利回りは5%です。

2年後に売ろうとしたところ、95万円でしか売れなかったとします。

つまり価格が下がりました。

 

<95万円で買った人>

満期まで8年の国債を券面額100万円、券面利率5%の国債を95万円で

買えたということは、利札で5万円、価格差5万円(100万円-95万円)は

1年あたりにすると、6,250円(5万円÷8年)の収入になります。

95万円の投資で1年あたり56,250円(5万円+6,250円)の収入なので、

利回りは、56,250円÷95万円で5.9%へ上がりました。

すなわち、債権において価格の下落は利回りの上昇になります。

 

<95万円で買った人>がそれから2年後に102万円で売ったとします。

 

<102万円で買った人>

満期まで6年の国債を券面額100万円、券面利率5%の国債を102万円で

買ったということは、利札で5万円、価格差2万円(100万円-102万円)は

1年あたりにすると、3,333円(2万円÷6年)の損になります。

102万円の投資で1年あたり46,667円(5万円-3,333円)の収入なので、

利回りは、46,667円÷102万円で4.6%へ下がりました。

すなわち、債権の価格が上がると利回りは下がります。

 

国債が大量発行されるとダブついて利回りは上がり、

投資家にとって人気の金融商品となります。

国債が人気になると、株を売って国債を買う人が増え、

株価が下がるという因果関係もあり、どの投資が今の

トレンドなのか、常に気に掛けるようにしています。

 

              山田 崇

 

 

最近公開のブログ記事

◎お問い合わせ窓口のご案内

  ▼ オーナー様、アパート経営・土地活用のご相談に関するお問い合わせ窓口   ☎ 電話   TEL 052-569-5055 営業時間 8:30 ~ 18:30 定休日 土曜、日曜、祝日

工事進捗状況 VOL.131

  今回は名古屋市名東区の物件です。 最寄り駅は地下鉄東山線の星ヶ丘駅になります。 この物件は土地の有効活用です。 木造3階建て、5室。 3階はオーナー様が住む予定。 その他、ファミリータイプ2室、単身向け2室

アパート経営までの流れ⑤(上棟)

  アパート経営を始めるまでに、どれくらいの時間がかかり、どのような流れで進めていくのか。 とくに初めて検討される場合は 気になることの一つ ではないでしょうか。 大手ハウスメーカーや建築会社によってもそれぞれ

アパート経営までの流れ④(着工)

  アパート経営を始めるまでに、どれくらいの時間がかかり、どのような流れで進めていくのか。 とくに初めて検討される場合は 気になることの一つ ではないでしょうか。 大手ハウスメーカーや建築会社によってもそれぞれ

工事進捗状況 VOL.130

今回は横浜市港南区の物件です。 横浜市営地下鉄ブルーラインの港南中央駅の徒歩圏です。 木造3階、1K6室です。 3階は屋根裏ロフトあります。   完成イメージはこんな感じです。     &n