斉藤 祐加

デザイン営業部 宅地建物取引士
トップ>アパート経営>アパート経営のメリット『無担保で土地が残せる』

アパート経営のメリット『無担保で土地が残せる』

 

アパート経営と言えば、土地をお持ちの方が行う資産運用の手段というイメージがありますが

「人生100年時代」と言われる今、先の見えない将来に備えて

老後のための安定的な収入の柱の確保や節税効果、生命保険の役割など様々な理由から

土地をお持ちでないサラリーマンの方も、アパート経営を始める人が増えています。

今回は、将来のための「資産づくり」の視点からアパート経営のメリットについてご紹介です。

 

メリット 大切な家族に残す「資産形成」が叶う

 

 

アパート経営に置いて最後のメリットは、

 

ローン完済後に、無借金無担保の土地がまるまる資産として手に入る

 

ことが大きな魅力と言えます。

 

1棟買いのアパート経営の場合、建物自体は等級化に伴い、購入地から徐々に価値の低下はありますが

土地は経年劣化の影響を受けず、土地としての価値はほとんど変わりません。

(景気の変動や周辺の土地開発・過疎化による人口流入が見られる場合を除く)

 

RIAパートナーズでご提案するデザイナーズアパートの土地も

主要駅や駅徒歩圏内など賃貸ニーズの多い好立地の条件で選定しているので

土地の資産価値が高く、価値がゼロになることもなきに等しいでしょう。

 

アパート経営では、当初は銀行からの借り入れによって土地と建物を購入し、

家賃収入の中からローンを返済していきます。

そして、家賃収入からローンを返済することで、毎月の差額が残ると同時に

収益を生み出す土地と建物という資産を造ってくれるのは、アパート経営ならではのメリットと言えます。

 

また、資産としてローン完済後、無担保の土地を手元に残すことができれば

将来の選択肢を大いに広げられる可能性が高まります。

 

例えば、子や孫世代の住宅用地として相続することはもちろん、

老朽化したアパートを取り壊し、新たなアパートに建て替えるという場合には

建物の投資額のみで済むため、より投資利回りが格段に上がった収益性の高いアパートを手にすることができ

引き続き安定した家賃収入を得ることにもつながります。

また、土地の売却でまとまった現金を取得するという選択も可能となるでしょう。

 

このように他人資本を利用し、手元にある自己資産からの支出を最小限に抑えながらも

家賃収入からローンを返済していくだけで、本業とは別の副収入源を確保することができることに加え

大切な家族に残す「資産形成」が叶うという仕組みが成り立つアパート経営は

不動産投資の中でも魅力の多い投資方法として注目を浴びています。

 

☞アパート経営に役立つガイドブックを無料でプレゼント中!

☞いつでもご案内可能なモデルルーム・新築完成見学会の申込はこちらから!

 

 

最近公開のブログ記事

◎お問い合わせ窓口のご案内

  ▼ オーナー様、アパート経営・土地活用のご相談に関するお問い合わせ窓口   ☎ 電話   TEL 052-569-5055 営業時間 8:30 ~ 18:30 定休日 土曜、日曜、祝日

ARABESQUEイキャッチ画像

【 外観特集 】関東・千葉県エリア part.2

  洗練されたデザインで、圧倒的な存在感を持つRIAパートナーズのデザイナーズアパート。 普通の建物とは一線を画す、ひときわ個性的な外観は 周りの景観を一段と魅力的にし、行き交う人々をも魅了し続けます。 誰もが

アパート経営までの流れ①(お問い合わせ~企画提案)

  アパート経営を始めるまでに、どれくらいの時間がかかり、どのような流れで進めていくのか。 とくに初めて検討される場合は 気になることの一つ ではないでしょうか。 大手ハウスメーカーや建築会社によってもそれぞれ

【 外観特集 】関東・都内エリア part.5

  洗練されたデザインで、圧倒的な存在感を持つRIAパートナーズのデザイナーズアパート。 普通の建物とは一線を画す、ひときわ個性的な外観は 周りの景観を一段と魅力的にし、行き交う人々をも魅了し続けます。 誰もが

工事進捗状況 VOL.129

今回は神奈川県藤沢市の物件です。 小田急江ノ島線の長後駅の徒歩圏です。 木造3階建て、15戸です。 全戸1LDKです。3階は屋根裏ロフトあります。       完成イメージはこんな感じです!

【 外観特集 】関東・都内エリア part.4

  洗練されたデザインで、圧倒的な存在感を持つRIAパートナーズのデザイナーズアパート。 普通の建物とは一線を画す、ひときわ個性的な外観は 周りの景観を一段と魅力的にし、行き交う人々をも魅了し続けます。 誰もが