山田 崇

トップ>アパート経営>建物の固定資産税は分けた方が得

建物の固定資産税は分けた方が得

建物の固定資産税を「家屋」と「償却資産」とに分け、

償却資産を多くするほうが、経年ごとに家屋はあまり

減価償却しないのに比べて償却資産は短期間に減価

するのでトータル的に固定資産税は安くなります。

 

固定資産税の算出の基準は、土地については路線価、

家屋については再建築価額、償却資産については減価償却後

残存価額となります。

 

土地と家屋については地価の動向、建築資材等のコスト状況

にもよりますが、あまり下がる余地はありません。

 

しかし、償却資産についてはその償却年数にもよりますが、

定率法で償却するため、毎年スピード良く減価していき、

それにつれて課税される税金も軽減されます。

 

アパート建築の場合、「家屋」と「償却資産」を区分すると

初年度の固定資産税は同額ですが、その後、年々それが

減額されていくのです。

 

                 山田 崇

 

 

 

最近公開のブログ記事

◎お問い合わせ窓口のご案内

  ▼ オーナー様、アパート経営・土地活用のご相談に関するお問い合わせ窓口   ☎ 電話   TEL 052-569-5055 営業時間 8:30 ~ 18:30 定休日 土曜、日曜、祝日

工事進捗状況 VOL.132

  今回は岐阜市の物件です。 名鉄名古屋本線の名鉄岐阜駅の徒歩圏です。 木造2階建て、メゾネットタイプ10室です。 全戸、屋根裏ロフトあります。   当社として、岐阜県第1号物件です。  

アパート経営までの流れ⑥(完成)

  アパート経営を始めるまでに、どれくらいの時間がかかり、どのような流れで進めていくのか。 とくに初めて検討される場合は 気になることの一つ ではないでしょうか。 大手ハウスメーカーや建築会社によってもそれぞれ

【 外観特集 】関東・埼玉県エリア

  洗練されたデザインで、圧倒的な存在感を持つRIAパートナーズのデザイナーズアパート。 普通の建物とは一線を画す、ひときわ個性的な外観は 周りの景観を一段と魅力的にし、行き交う人々をも魅了し続けます。 誰もが

工事進捗状況 VOL.131

  今回は名古屋市名東区の物件です。 最寄り駅は地下鉄東山線の星ヶ丘駅になります。 この物件は土地の有効活用です。 木造3階建て、5室。 3階はオーナー様が住む予定。 その他、ファミリータイプ2室、単身向け2室