山田 崇

トップ>アパート経営>重要事項説明書

重要事項説明書

重要事項説明書とは、取得する不動産に関する重要な情報を網羅したもので、

宅地建物取引業法で、購入者へは必ず書面化して配布し、宅地建物取引主任者

の資格を有する人が取引主任者証を提示して説明することになっています。

 

重要事項説明書には、様々なチェックポイントがあります。

 

■物件の表示・・・登記簿の内容と相違ないか?

■代金の授受方法・・・手付金や登記費用、ローン費用などの支払い方。

■契約解除・・・手付放棄で解約できること、ローンの審査が下りなかったときには

契約が解除できるようになっているか?

■違約金・・・契約の不履行による契約解除の場合の違約金の取り決め。

業者が売主の場合は、売買代金の20%以下までと定められている。

■ローン・・・ローンの斡旋を受けるときは、取扱い金融機関名、支店名、融資金額、

金利などの返済条件が合っているか?

■供託所・・・契約した後に業者から損害を被った場合は、業者が供託している

「営業保証金」「弁済業務保証金」から還付を受けることができる

ことの確認。

■特約条項・・・その他、特約条項があれば謳ってもらう。

 

お金に関する部分については十分なチェックが必要です。

手付金や登記費用などの代金をいつ支払うのか、手付放棄で契約を

解除できることが明記されているか、、契約の不履行による違約金の

定めはどうなっているか、借入金額や支払い方法がどうなっているか、

といった点を確認しておく必要があります。

 

このような重要事項説明の内容と、説明に納得できたら次に契約です。

 

山田 崇

 

 

 

最近公開のブログ記事

◎お問い合わせ窓口のご案内

  ▼ オーナー様、アパート経営・土地活用のご相談に関するお問い合わせ窓口   ☎ 電話   TEL 052-569-5055 営業時間 8:30 ~ 18:30 定休日 土曜、日曜、祝日

工事進捗状況 VOL.132

  今回は岐阜市の物件です。 名鉄名古屋本線の名鉄岐阜駅の徒歩圏です。 木造2階建て、メゾネットタイプ10室です。 全戸、屋根裏ロフトあります。   当社として、岐阜県第1号物件です。  

アパート経営までの流れ⑥(完成)

  アパート経営を始めるまでに、どれくらいの時間がかかり、どのような流れで進めていくのか。 とくに初めて検討される場合は 気になることの一つ ではないでしょうか。 大手ハウスメーカーや建築会社によってもそれぞれ

【 外観特集 】関東・埼玉県エリア

  洗練されたデザインで、圧倒的な存在感を持つRIAパートナーズのデザイナーズアパート。 普通の建物とは一線を画す、ひときわ個性的な外観は 周りの景観を一段と魅力的にし、行き交う人々をも魅了し続けます。 誰もが

工事進捗状況 VOL.131

  今回は名古屋市名東区の物件です。 最寄り駅は地下鉄東山線の星ヶ丘駅になります。 この物件は土地の有効活用です。 木造3階建て、5室。 3階はオーナー様が住む予定。 その他、ファミリータイプ2室、単身向け2室